債務整理の費用は一体いくら?【払えるのかという心配】

手続きと弁護士

お金

事務所による違い

消費者金融などからの借入により返済が難しくなったケースや、多重債務に陥り返済できなくなったケースにおいては、債務整理を行うことで解決できるケースがある。債務整理は返済に行き詰った場合に、公的な手続きを取ることで解決する方法である。これらの債務整理を進める場合には、通常は弁護士に依頼して手続きを進める必要がある。債務整理では、弁護士費用として着手金や弁護士への報酬金、手続きにかかる実費などの費用が必要になる。これらの費用については、弁護士事務所により大きく変わるものである。弁護士費用は、高額になるケースもあるため、適切な業者を選ぶことがこれらの費用を抑えるために重要になる。但し、費用のみで弁護士事務所を選ばないということも重要である。債務整理では、適切な手続きを踏むことができないと、スムーズに進められないことがある。特に、弁護士とのコミュニケーションが重要になるため、その弁護士と合うかということも重要になっている。債務整理においては、過払い金の返還なども行ってもらえる。これらでは、破たん処理に比べ、払い過ぎたお金の返済になるため、出来るだけ弁護士費用を抑えることで戻り額を大きくできる。債務整理を行う場合には、債権者が多くなるほど費用も大きくなるなど、状況により費用に違いが出る。その為、自分の状況を整理した上で弁護士事務所を選ぶことで、費用を抑えつつ、債務の整理を進めることが可能になる。