債務整理の費用は一体いくら?【払えるのかという心配】

安く済ませるには

男性

競争激化で安価に

消費者金融で利用しているカードローンを債務整理したい、ただ弁護士に頼むと報酬形態が分かりにくいので高額な費用を請求されるのではないか、と不安を感じあれている方もいます。民事法律扶助制度がありますので、費用を立替手もらって債務整理にかかる費用を安く済ませる方法もありますが、この制度を利用するには収入など一定の条件を満たす必要があります。そのため民間の法律事務所に依頼をするのが一番利用されている方法ではあるのですが、弁護士費用は自由化されているので各法律事務所が独自に設定することができます。自由かされた影響が働いて、各法律事務所で競争が激化し債務整理の料金も安くなってきているのです。インターネット上では、債務整理の料金を比較しているサイトまであります。着手金、基本報酬、減額報酬がいくらかまで各事務所ごとに一覧で分かるサイトがあるので簡単に料金比較ができます。また、分割払いや後払いに対応しているのかも調べることができます。こういったサイトを利用すれば、民事法律扶助制度を使った料金にはかないませんが、安価な法律事務所を調べることができます。しかし、注意しなければならないのは債務整理の中で任意整理の料金が安いなと思ってそれだけ調べて相談に行った結果、任意整理では減額したところで返済が難しい、個人再生や自己破産を検討しなければならないと言われた時です。任意整理より、高額な弁護士費用がかかります。そのため、まずは無料相談を利用するなどしてどういった方法がいいのか情報を集めてから法律事務所を決めることです。