債務整理の費用は一体いくら?【払えるのかという心配】

借金減額で返済を楽に

貯金箱

民事法律扶助制度を利用

債務整理を弁護士または司法書士に依頼するには、当然ですが費用が発生します。一般的には、着手金と報酬金がありますが、自己破産をするとこれらの費用が以外にも予納金や実費がかかります。報酬額は自由化されていますので、各法律事務所によって料金はバラバラです。安い事務所もあれば高い事務所もあります。着手金ひとつをとっても0円の事務所や1社3万円〜4万円する事務所もあるのです。ただし、複数の貸金業者からお金を借りていると着手金だけで弁護士費用が膨れ上がってしまいます。個人再生や自己破産で債務整理をするにも30万円〜50万円かかることもあります。高額ですが、分割や後払いのシステムがある法律事務所があるものの債務整理の費用を抑えるには、法律事務所ごとに料金比較する以外にももうひとつ方法があります。それは、民事法律扶助制度を利用することです。民事法律扶助制度とは、弁護士に依頼して債務整理をしたいけれど弁護士費用を支払う経済的な余裕がない、このようなときに法律の専門家による援助や費用のための援助が利用できる制度です。この制度を利用できる条件は、自分で費用を負担することが困難であることです。その目安として手取りがいくらかがあるのですが、単身者、家族の人数によって収入条件は異なります。どれくらい安くなるのか、任意整理であれば5社から借りていると着手金と実費併せて13万円程度になります。これが制度を利用しないと20万円以上になります。制度を知らずに依頼すると高額な費用になってしまいますが、そこまで支払わなくても債務整理はできます。