債務整理の費用は一体いくら?【払えるのかという心配】

借金減額で返済を楽に

貯金箱

債務整理をしたいが、弁護士費用が気になる、そういった方のために安く抑える方法として民事法律扶助制度があります。利用するのに収入の条件がありますが、高額な債務整理費用を払わずに弁護士に依頼をすることができます。

詳しく見る

安く済ませるには

男性

債務整理をするために費用が安い法律事務所を選ぶ方法ですが、インターネット上には債務整理の料金を比較しているサイトがあります。着手金、基本報酬、減額報酬など細かく比較されているので、このようなサイトを利用して料金の安い法律事務所を探すことができます。

詳しく見る

借金の負担を少なく

お金

依頼時の注意点

債務整理とは、弁護士や司法書士などの専門家に依頼して、自分の債務を整理し過剰な利息などを減らすように交渉することをいいます。多くの債務者は法的知識に乏しく、知らず知らずのうちに過剰な利息を払っていたり、あちこちから借金をして家計に負担をかけたり、取り立てに消耗したりしています。債務整理をすることで負担を減らし、生活しやすくすることが可能となります。とはいえ、すでに借金があるのに、弁護士などに依頼して費用が払えるのかという心配があるかもしれません。弁護士や司法書士もボランティアではないので、当然費用は発生します。費用に関する基準はなく、費用は事務所ごとにかなりの差があります。裁判沙汰となるなど法的手段による解決だと高額になる傾向もあります。ですがほとんどの債務者は専門家に依頼したときの費用を支払っています。依頼するための費用は着手金と報酬金、各種経費にわかれますが、義務所の中にはすべてをトータルで示してわかりやすくしているところもあります。分割払いや後払いに対応しているところも多いので、支払いやすくなっています。債務整理の方法には様々なものがあり、方法によってかかる費用も変わるのですが、概ね20万円ほどが相場となっています。弁護士費用などを支払い終えてから債務者への返済を始められるように調整してくれるところもあるので、選ぶときは参考にするとよいでしょう。ただ費用だけでなく、信頼できるか、実績は豊富かなどもチェックして選ばねばなりません。